メニュー一覧

  • HOME
  • メニュー一覧

認知行動療法

認知行動療法とは?

認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy / CBT)というのは、認知や行動に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種です。「認知」というのは、ものの受け取り方や考え方という意味です。

私たちは、自分が置かれている状況を絶えず主観的に判断し続けています。これは、通常は適応的に行われているのですが、強いストレスを受けている時やうつ状態に陥っている時など、特別な状況下ではそうした認知に歪みが生じてきます。その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が強まって、さらに認知の歪みが引き起こされるといった悪循環のスパイラルに陥ります。

認知行動療法では、気持ちが大きく動揺したりつらくなったりした時に、自動思考と呼ばれる頭に浮かんでいた考えに目を向けて、それがどの程度、現実と食い違っているかを検証して、思考のバランスをとっていきます。また、日常の中でホームワークを用いながら面接を行って、問題解決に向かうという特徴があります。

認知行動療法は、欧米ではうつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害、統合失調症などの多くの精神疾患に効果があることが実証されて広く使われています。

Room Turn Blueの認知行動療法

  • クライエント様の悩みや問題点だけでなく、強みや長所も洗い出して治療方針を立て、それを互いに共有しながら、目標が達成できるように面接を進めていきます。
  • クライエント様とのあたたかく良好な治療関係を大切にし、力を合わせて問題が解決できるように協同作業を行います。
  • 無理のない形で行動を活性し、楽しめる活動ややりがいのある活動を増やしたり、自信やコントロール感覚を取りもどせるようにします。
  • 同じく無理のない形で考えに焦点をあてて偏りを修正し、ネガティブ感情や認知の歪みを修正していきます。
  • その他、症状に影響していると考えられる問題を解決し、適応力を高めて再発予防に努めます。

従業員支援プログラム

EAP・メンタルヘルス対策

復職支援
復職支援

心の不調によって休職を余儀なくされている社員に対し、認知行動療法を用いた復職支援プログラムを実施します。
休職期間だけでなく、復職後も含めてトータル的にサポートを行うことによって、再発予防を目指した効果的な復職を導くことができます。

定期的なカウンセリング(スクリーニング)
定期的なカウンセリング(スクリーニング)

全社員あるいはハイリスクな社員に対して、定期的にストレスチェックやカウンセリングを行うことで、早期にメンタル不調に気づくことができます。

ストレスチェック制度に対応したカウンセリング
ストレスチェック制度に対応したカウンセリング

ストレスチェック制度で高ストレスになった方のストレスを軽減させたり、職場環境改善やセルフケアの支援を行うことができます。

福利厚生としてのカウンセリング
福利厚生としてのカウンセリング

貴社の福利厚生としてご利用いただくことで、社員に優しい企業であることをアピールできるとともに、社員が安心して仕事に従事することが可能となります。

上司・人事担当者様のためのコンサルティング
上司・人事担当者様のためのコンサルティング

元気がない、急に遅刻が増えた、雰囲気がおかしいい…など、メンタル面で問題を抱えている社員にお困りの上司・人事担当者様が、対処方法の検討やアドバイスなどを、スポット的に相談していただくことができます。

また、復職支援の状況報告、復職者に対するサポートの仕方、メンタルに対する基礎知識および予防についてのレクチャーなど必要に応じてコンサルティングすることができます。

セミナーの開催
セミナーの開催

社員ひとりひとりが、正しいメンタルヘルスの知識やストレスケアについて学ぶことで、未然に不調に陥るのを防ぐことができます。
また、管理監督者様向けに、部下への対応の仕方をワークショップ形式で学ぶこともできます。

電話・メールカウンセリング
電話・メールカウンセリング

お仕事が忙しく、なかなか対面でカウンセリングを受ける時間がない場合には、電話やメールでも相談を承ります。
お気軽にご利用ください。(完全予約制)

EAPとは

EAPとは、“Employee Assistance Program”の略称で、「従業員支援プログラム」のことです。社内にEAPスタッフが常駐して従業員の相談を受ける場合を「内部EAP」、独立したEAP会社が業務委託を受ける場合を「外部EAP」といいます。

このプログラムの主な目的は、従業員やその家族が抱える、様々なストレスや問題を解決するための支援をしたり、企業の業績、生産性を維持・向上させることにあります。

したがって、EAPでは、問題に直面している人を回復に向けた支援をするだけではなく、健康的な人に対しても心の健康を保持できるような支援を行って、管理監督者の人材マネジメントスキルを向上させたり、企業全体のモチベーションの維持・向上といった目的のためにも利用することができます。

EAPでは企業の業績や生産性の維持・向上を図ることを最終目標としますので、メンタルヘルス対策という視点だけではなく、経営陣へのコンサルティングなども含めて、必要に応じて組織全体の改革にまで関わることもあります。この点が、一般的なメンタルヘルスケアともっとも異なるところといえます。

EAPの歴史

EAPの前身は、1940年代のアメリカで始まった「職場におけるアルコール依存者の救済プログラム(OAP)」にさかのぼります。アメリカでは、第二次世界大戦やベトナム戦争の帰還兵に対する心のケアを必要とし、また、不況やリストラなどにより、ドラッグ依存やアルコール依存、うつ状態の人々が爆発的に増加したことでその波紋が産業界にもおよび、労働者の生産性も低下の一途を辿りました。

このような混乱状態にあったアメリカにおいて、次第にEAPの必要性が高まり、特に外部EAPの効果と信頼性は大きく認められるようになっていきました。現在では、経済誌「Fortune」が選んだ大企業(国内優良企業ベスト500社)の95%に、さらに上位100社では全企業に導入されるポピュラーな制度になっています。

日本のEAPの現状

現在、アメリカでは外部EAPを中心とした従業員支援が行われ、日本でも外資系企業を中心に外部EAPを採用するところが見られるようになって、EAPという概念が普及されつつあります。しかし、そもそも日本の約4割の事業所がメンタルヘルス対策をしていないという現状もあり、それはメンタルヘルス対策を後回しにしがちであるという傾向を示しています。その理由は、両国の法律や制度に違いがあることもひとつですが、実は文化的背景に大きな違いがあるのです。

したがって、日本においては、アメリカ流のEAPをそのまま輸入するよりも、まずは日本人の文化・社風を大事にしながら、自社のニーズに合わせた形でEAPを導入することができれば、無理なくメンタルヘルス対策を行うことができ、さらには企業の業績、生産性を維持・向上につなげることができると考えられます。

外部EAPは、本来のEAPの目的である「企業の業績、生産性を維持・向上させる」ことが可能ですので、外部EAPの導入を検討することは、メンタルヘルス対策の効果もあわせて狙えることになります。しかし、自由に参入できるEAP市場において、外部EAPサービス提供機関は実に様々であり、内容・質が機関によって異なります。

そこで、外部EAPの導入に当たっては、各企業のニーズに合わせたサービスを提供できる機関を選択することが大事です。特に中小企業においては、予算に応じたアレンジができたり、効率よくメンタルヘルス対策ができるような機関を選ぶとよいでしょう。

外部EAP導入の共通のメリット

外部EAP導入に共通するメリットとしては、次のことが挙げられます。

  • 社内に相談窓口を設置するよりも、外部EAPの方が従業員にとって使いやすい。
  • プライバシーが保護されるので、安心して相談ができる。
  • 本人の問題だけではなく、家族の問題も相談できる。
  • 管理監督者や社内の推進担当者にとって、外部の相談先を確保できることは心強い。
  • 発生した問題に精通している専門家からアドバイスを受けることができる。
  • 予算に応じてサービスの組み合わせ、アレンジが可能である。支援を受けたい部分にコストを集中させることができる。

キャリアコンサルティング

キャリアコンサルティング

キャリアコンサルティングとは、就職希望者が自らの適性、能力、経験などに応じて職業生活を設計し、効果的に職業選択や職業能力開発を行うことができるように、個別にキャリアデザインの相談を行うことをいいます。

キャリアコンサルティングを通じて自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中からご自身にあった仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます

また、ご自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段のひとつとして、キャリアコンサルティングを活用することもできます。

企業様向け

企業様向け

企業様においては、入社時や役職登用時、育児休業からの復職時など、効果的なタイミングで従業員に提供することにより、職場定着や働く意義の再認識を期待できる他、人材育成上の課題や従業員のキャリアに対する意識の把握、ひいては生産性の向上につながるといった効果が期待できます。

例)

  • セルフキャリアドック制度におけるキャリアコンサルティング
  • 企業内キャリア形成支援
  • 転職支援
  • 職業能力開発制度と人事評価制度、キャリアコンサルティングの有機的な連携支援
  • 新入社員のキャリア形成支援

学生向け

学生向け

若年者の学校生活から職業への円滑な移行に当たっては、初等教育、中等教育、高等教育の各段階において、児童・生徒・学生のそれぞれの発達課題に即して、職業・仕事意識やキャリア意識を形成していくことが求められています。したがって、若年者に対するキャリアコンサルティングにあっては、単に「その時点の就職を斡旋する」のではなく、将来のキャリア形成スケジュール設計を含めた「キャリア形成支援」が重要であり、将来を設計するためには、進路選択の基本的方向付けがなされる前の、初等中等教育段階からのキャリア教育が重要となっています。

したがって、Room Turn Blueでは、個人のキャリア形成の全段階を支援するという観点から、どこへ「つなぐ」と本人の希望するキャリア形成に至る可能性が高まるかという、大局観を持ったキャリアコンサルティングを行い、それを受けて専門高校、大学などでは具体的な就職活動に至るような支援をしています。そのためにもRoom Turn Blueでは、単なる進学・就職支援や1対1のキャリアコンサルティングだけに留まらず、学校様と連携し、本人の適性や生活環境などについてよく把握したうえで、本人のやる気・意欲を喚起して、能力や適性に気づかせるような「自らが考えるキャリア形成」を支援しています。

例)

  • 大学進学者向け進路相談
  • 中学、高校生向け進路相談
  • 不登校、ひきこもり向け進路相談(家族支援含む)
  • コミュニケーション能力の育成
  • キャリア教育プログラム企画、運営、評価支援
  • 職業、仕事意識の啓発および明確化

特別なカウンセリング

カウンセラーのために ~ For counselors ~

カウンセラーのために ~ For counselors ~

これからカウンセラーになろうとしている方

  • カウンセラー職に就きたいが、人生選択に迷っている。
  • カウンセラー資格を取得したいが、どうしていいかわからない。
  • すでに描いている夢を実現する手順が知りたい。
  • カウンセラーとして開業するにはどうしたらいいか。
  • カウンセリングについて学びたい。
  • カウンセリングスキルを磨きたい。

カウンセラー資格を取得されている方

  • 今さら些細なことが気になって、前に進めなくなってしまった。
  • スーパービジョンを受けたい。
  • カウンセリング中、体調が悪くなってしまった。
  • 認知行動療法を学びたい。
  • EAPやメンタルヘルスについて学びたい。
  • キャリアコンサルティングについて学びたい。

Room Turn Blueにおけるすべてのレッスン・研修・スーパービジョンなどにつきましては、『EAPメンタルヘルスカウンセラー(eMC)』の資格更新ポイントが付与されます。

お問い合わせ

Room Turn Blueへのご相談はこちら

TEL: 03-6915-3210

お問い合わせ