資格認定講座

  • HOME
  • 資格認定講座

CBT(認知行動療法)資格認定講座

講座の特徴

【認知行動療法】に特化し、学術的な学びで実践力あるセラピストを養成します

認知行動療法の理論に立ちあらゆる問題を早期解決できるカウンセラー/コンサルタントを目指します

「認知行動療法(CBT)」とはエビデンスの高い心理療法で、その効果への期待から広く普及し、いまや世界中で適用範囲を広げています。
一方で、CBTの知識や情報も氾濫し、間違った方法さえ横行するなど、名前だけが独り歩きしている状況も多くみられます。
せっかく学んだ知識や技法も、実際の臨床場面で使えないとすれば全く学ぶ意味がありません。
クライエントの問題を早期解決へと導くには、臨床的な実践力が必要です。
Room Turn Blueの「CBT講座」では、臨床経験豊かな講師が確かな技法を定着させ、多様なケースにも対応できる実践力と問題解決力の習得へと導き、質の高い、信頼される「CBT Therapist®」を養成しています。

CBT資格認定講座は、日本臨床心理士資格認定協会「臨床心理士資格認定ポイント」4ポイント取得予定です。

基礎から応用まで、学べるスキルの質が断然違います

サポートAコースがセラピストとしての基礎力を底上げします

認知行動療法のコミュニケーションのあり方や技法を細かに学べるだけでなく、技法の大前提となるセラピストの基礎部分から学ぶことができます。その基礎部分の知識とスキルを補うために「ベーシックコース」には「サポートAコース」を附帯しています。
サポートAコースでは、「CBTセラピスト」としての心構えを学び、基本的かかわり技法を丁寧に練習するなど、しっかりクライエントの感情に共感しながらアセスメントできるようになることを目指します。
また、初期のカウンセリングの流れも作れるように練習をして、認知行動療法の導入へとつなげていきます。

学術的な認知行動療法を活用した実践的なEAP(従業員支援プログラム)専門家を目指す

学術的な認知行動療法の技法をステップアップで深めるとともに、EAP専門家としての技法も習熟していきます

ベーシックコースで基礎力をしっかり身につけて資格を取得したら、次のステップでは、近年産業領域で注目されているEAP専門家としてもスキルアップしていきます(アドバンスコース)。
また、ベーシックコースやアドバンスコースでの重要な学びを補うために「サポートBコース」をご準備しています。
サポートBコースでは、セラピストのための基礎研修や認知行動療法およびEAPコンサルタントの研修をフリースタイルで受講でき、必要に応じて選択しながら学びを深めることができます(詳細はこちら)。

ステップアップしながら資格を取得できます

レベルに合わせて3段階で資格を取得していきます

CBT資格認定講座それぞれ3つのコースを修了すると、一般社団法人 目白心理総合研究所 認定のセラピスト資格を取得することが可能になります。
■ ベーシックコース修了者(要受験): CBT Therapist
■ アドバンスコース修了者(要受験): CBT Professional
■ 上級実践者(ポイント更新制):   CBT Extra Professional

講座の構成

CBT資格認定講座ベーシックコース

[対象]
ベーシックコースは、認知行動療法初心者または認知行動療法を基礎から学びたい方を対象としています。
[特徴]
認知行動療法としてのコミュニケーションのあり方やセッションの流れなど、認知行動療法に必要なベースの力をしっかり身につけてから基本的な技法を学ぶことができますので、あらゆる領域において活用することができます。

<ベーシックコース>
スケジュールとカリキュラムはこちら

著書
認知行動療法 [ベーシック]:コミュニケーションのあり方と効果的なカウンセリングスキル(金子書房)

CBT資格認定講座アドバンス<EAP>コース(2024年4月開講予定)

[対象]
アドバンスコースは、認知行動療法経験者(下記①または②に該当する方)を対象としています。
① 「CBT Therapist」有資格者
② 公認心理師、臨床心理士および産業領域のコンサルタント、カウンセラー資格の有資格者で、認知行動療法の基礎的な力があると認めた方
[特徴]
EAP専門家として必要な知識と技術を身につけ、さらに学術的な認知行動療法を活かしたメンタルヘルス対策やコンサルテーションを行えるようになることで、企業や従業員の問題を早期解決できるようステップアップします。

CBT上級実践者コース

 スーパーヴィジョンや必要な指導を受けながら実践的なカリキュラムを経て、その実力が認められた方に与えられる称号です。

[対象]
上級実践者コースは、「CBT Professional」資格を保有している方が対象となります。
[特徴]
コース修了後に「CBT Extra Professional」資格が認定されます(無試験)。
ただし、上級者として磨き続けることの重要性から、この資格はポイント更新制になっています。

受講までの流れ

受付予約申込

面談(ご意向伺う簡易なもの)

見積書、スケジュール送付

受講

講座受講希望あるいは講座にご興味のある方は、こちらからお申し込みください。

※ この時点で受講申込ではありませんので、お気軽にお問い合せください。

EAPコンサルタント技能検定講座

EAP コンサルタント技能検定

  • 一般社団法人 国際 EAP 協会 日本支部(Metropolitan Tokyo Branch of the Employee Assistance Professional Association)(※1)が行う技能検定です。
  • EAP(※2) の基礎知識、スキル及び、倫理・行動 規範のルールを備えた EAP 専門家育成のための検定制度です。
  • 検定に合格した方は、EAP コンサルタントとして活動することができます。
  • 日本臨床心理士資格認定協会「臨床心理士資格認定ポイント」2ポイント取得予定です。
  • ■ EAPに関する有用性と認知度を高め、働く人々の物心両面における生活の質の充実に寄与することを目的としています。
  • ■ この検定制度は 、EAP コンサルタントの上級資格となる CEAP (※3)の資格取得を目指すための導入・教育及び EAP への理解を深める機会としても活用されています。

※1:Employee Assistance Professionals 協会(EAPA)の正式な下部組織
※2:従業員支援プログラム
※3:CEAP : Certified Employee Assistance Professional(国際 EAP 協会認定 EA プロフェッショナル)
EAP に関する専門的な知識を活かし、コンサルテーションなどの支援やサービス提供を職場やクライアントに自ら直接行うことができる、日本をはじめ世界各国(米国以外の国々)において通用する国際認定資格

検定合格の効果

  • EAPA(Employee Assistance Professionals 協会)が定義する EAP のメソッドを理解することができ、EAP 活動への自信となります。
  • ”EAP コンサルタント”というステータスを獲得することにより、自身の活動の品質と信頼性を対外的に高めることが期待できます。
  • 合格者は EAP コンサルタントとして活動を開始することができ、名刺等に表記することができるようなります。
  • EAP コンサルタントとして産業領域と医療、カウンセリングの領域をつなぐ基礎的な仕事ができることを示しています。

~~~ 検定合格者の名称(名刺等に記載できる表記)~~~~~~~~~~~~~~~~~

<日本語表記>
一般社団法人 国際 EAP 協会日本支部認定 ”EAP コンサルタント”(認定番号)

<英語表記>
EAPA Japan“EAP Consultant – Basic Level”(認定番号)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

EAP コンサルタント

  • 国際 EAP 協会 日本支部が公式に認定している資格です。
  • EAP コンサルタントの活動範囲は、EAP に関する基礎知識(マネジメント・コンサルテーションの初動が的確にできること)を活かし、以下活動領域における職場への EAP 普及活動を担うことにあります。

<EAP コンサルタントの活動領域>

EAP コンサルタントは、日本国内において次のような活動を行うことができ、期待されています。

  • EAP の認知度を高めるための普及活動
  • EAP を効果的に提供するためのニーズリサーチ及び営業(プロモーション)活動またそれに伴うコンサルテーション
  • EAP が扱う領域における各種講座や講習・研修会の実施

(1) 臨床系援助業務資格保有者で EAP 専門家を目指す人

既に働く方のカウンセリングを実施している場合は EAPカウンセラーと区分します。個人に向けたカウンセリングやセラピーの実践に加え、EAP コンサルタントとしての EAP 全体の基礎技能であるマネジメント・コンサルテーション技能があると位置付けます。

(2) 臨床系援助業務資格「無」保有者で EAP 専門家を目指す人

特にカウンセリングやセラピーの資格や訓練の経験はないものの、業務上対人援助に関わる仕事をしている場合は、 EAP 全体の基礎技能であるマネジメント・コンサルテーション技能があると位置付けます。

(3) その他 EAP コンサルタントが行えること

一定の要件を満たせば、EA 技能検定講習の講師および審査員、CEAP 養成講座の講師・アドバイザー、スーパービジョンなどを行うことができます。

お申し込み・お問い合わせ

Room Turn Blueへのご相談はこちら

TEL: 03-6915-3210

※不在中やカウンセリング中などは、
電話に出られない場合がございます。
その際は、こちらからおかけ直しいたしますので、
留守番電話にお名前とご連絡先をお願いいたします。

お申し込み・お問い合わせ