資格認定講座

  • HOME
  • 資格認定講座

認知行動療法(CBT)資格認定講座

講座の特徴

【認知行動療法】に特化したセラピスト養成講座

「Room Turn Blue のCBT講座」

実践力ある「認知行動療法セラピスト」
認知行動療法の理論に立ちあらゆる問題を早期解決できる
カウンセラー/コンサルタントを目指します

「認知行動療法(CBT)」とはエビデンスの高い心理療法で、その効果への期待から広く普及し、

いまや世界中で適用範囲を広げています。
一方で、CBTの知識や情報も氾濫し、間違った方法さえ横行するなど、名前だけが独り歩きしている状況も多くみられます。

せっかく学んだ知識や技法も、実際の臨床場面で使えないとすれば全く学ぶ意味がありません。
クライエントの問題を早期解決へと導くには、臨床的な実践力が必要です。

Room Turn Blueの「CBT講座」では、臨床経験豊かな講師が確かな技法を定着させ、多様なケースにも対応できる実践力と
問題解決力の習得へと導き、質の高い、信頼される「認知行動療法セラピスト」を養成しています。

講座の構成

認知行動療法(CBT)ベーシックコース

 CBT理論に立つコミュニケーションの取り方、実践的な臨床家としての在り方を学び、基本的な支援ができることを目指します。

認知行動療法(CBT)アドバンス<EAP>コース

 次の段階では、EAP専門家としてCBTを活かしたメンタルヘルス対策や効果的なマネジメント・コンサルテーションができることを目指します。

CBT上級実践コース

 スーパーヴィジョンや必要な指導を受けながら実践的なカリキュラムを経て、その実力が認められた者に特別な称号が与えられます。

◆本講座を受講すると、提携機関である一般社団法人 目白心理総合研究所の資格検定を受験できます。

●当講座では「ベーシックコース」、「アドバンスコース」や他、各種講座を取り揃えています
サポートAコースは、ベーシックコースに入るための大変重要な基礎部分の知識やスキルを最低限に補うためのコースでサポートBコースは、EAPの研修を含めた補助的でフリースタイルなコース(詳細はこちら)

●CBT講座の申込みから、受講までの流れ
受付予約申込 ⇒ 面談(ご意向伺う簡易なもの) ⇒ 見積書、スケジュール送付 ⇒ 受講

EAPコンサルタント技能検定講座

EAPコンサルタント技能検定講座
制度の目的・趣旨
EAPコンサルタント技能検定(以下「検定」と呼ぶ)は、Employee Assistance Professionals協会(EAPA)の正式な下部組織 であるが、EAPA認定のCertified Employee Assistance Professional(CEAP:国際EAP協会認定EAプロフェッショナル) 有資格者の増加推進に資すること、および、本検定合格者の活動を通じて、EAPに関する有用性と認知度を高め、 働く人々の物心両面における生活の質の充実に寄与することを目的として実施する、EAPの基礎知識、スキル及び、 倫理・行動規範のルールを備えたEAP専門家育成のための検定制度である。

”EAPコンサルタント”とは
国際EAP協会 日本支部が公式に認定した者を指す。協会が実施する検定に合格した者に与えられる認定資格である。
この資格を持つ者は”EAPコンサルタント”として活動ができる。その活動の範囲は、EAPに関する基礎知識を活かし、職場へのEAPの普及活動を担うことにある。
基礎知識とは、EAPコアテクノロジーの中核となるマネジメント・コンサルテーションの初動が的確にできることを指す。

お申込み・お問い合わせ

Room Turn Blueへのご相談はこちら

TEL: 03-6915-3210

お申込み・お問い合わせ